>  > 服を着て、再会を誓ってお別れした。

服を着て、再会を誓ってお別れした。

Gをはずし、お清めフェラチオをしてもらい、シャワーに移動する。さくっと、身体を洗ってもらい、椅子プレイに移行する。たわし、くぐり等を満喫し、女の子の生Fでちんぽは復活です。そして、高級ソープ嬢がこちらにおケツを向けた隙に、すかさずおまんこを舐めます。女の子の「ア~、いやあん。」という声にエキサイトし、舐めと指入れを繰り返してしまいました。そして、たまらずG無着のまま、バックで、最後は女の子の尻にかけました。お清めフェラチオをしてもらい、ヌルヌルのまま、Bに移動する。すこしばかり、くだらない雑談をしながら、じゃれあっていると、女の子の手技でちんぽ復活です。そのままGを着けずに騎乗位で、女の子の「好きにしちゃってもいいんだよ。」の言葉にエキサイトし、夢中で突き上げ、女の子に白濁を受け止めてもらいました。ちんぽを抜いて、女の子のクリトリスに擦り付けていると、またもムラムラし、もちろんノースキンの正常位で第四試合がスタートです。ここまでくると、思い出すのも恥ずかしいぐらい、お互いに獣化しており、私はなりふり構わず腰を動かし、再び女の子に包まれて果てることができました。ここで、時間いっぱい。そそくさとシャワーを浴び、服を着て、再会を誓ってお別れしました。

[ 2016-02-12 ]

カテゴリ: ソープ体験談